夜寝る前の歯磨きを徹底しています。

私は以前は夕食を食べて、そのままうたた寝をしてしまうことも多く、夜に歯を磨かないで寝てしまうことも良くありました。
仕事の疲れと、食事の後の眠気に負けて、ついつい歯磨きが面倒に感じてしまっていました。
しかし、そんなことを続けていたら、歯周病になってしまいました。
自分では気が付かなかったのですが、歯の詰め物が取れて、歯科医院に行った時に、かなり歯肉炎が進んでいると言われました。
そこで、歯科衛生士さんんから、歯間ブラシが支給され、それで歯の汚れを取るように指示を受けました。
それからというもの、私は毎日こまめに歯を磨くようになりました。
特に夜は必ず、歯を磨いて寝るようにしました。
黄色い歯を白くする方法
時々うたた寝をしてしまっても、夜中に目が覚めた時に、必ず歯を磨くようにしました。
その甲斐あってか、今では歯石もほとんどたまらず、歯茎から出血することもほとんどなくなりました。
もし、出血していたら、そこに細菌が発生している証拠です。
早めに歯間ブラシで、その部分をキレイにして、痛みと出血が無くなるまで、丁寧に歯を磨くようにしています。
これからも、歯の健康を考え、毎日必ず夜寝る前には歯を磨くように心がけたいと思っています。

コメントは受け付けていません。