私の趣味に対しての主人

先日「自分あんまり植物とか好きじゃないんだよ」と言っていた旦那。
私の唯一の趣味はガーデニングだと言うにに、それを知っていてそうしてそんなことを言うんだろう?なんて思ってムッとしてしまいました。
だって、部屋には観葉植物がたくさん、外にもいろんな花を育てているというのに、何を今さらと思ってしまったのです。
しかし、そんな言葉とは裏腹に、部屋の中で蕾をつけている花を見て「大きくなったね、これなんていう花?」って聞いたり、外に置いてあるプランターを見あれ日が当たりすぎじゃない?枯れない?」などと言ってきます。
それってどういうことですか?花には興味もなく嫌いじゃなかったの?と思ってしまいます。
嫌いって言われた時、私は思いっきり不機嫌になってしまったので、気を遣ってくれているのでしょうか?でも、心配してくれるというのは結構嬉しいものです。
ふと旦那の素行調査をしてみたくなりましたね。
私の好きなものを好きになって!と強制したくはありません。
だからと言って嫌いとはっきり言われるのも辛いものがありました。
ガーデニングをやめようとさえ思ったほどです。
旦那のその一言で私は私だからと思い、続けていく決意をしました。
たくさんの花を咲かせてもっと旦那の感心を惹くことができるでしょうか?。

コメントは受け付けていません。