‘2014/04’ カテゴリーのアーカイブ

タクアンのような臭いに立ち止まる春の散歩

2014/04/16

乗馬クラブの近くを散策していたら、タクアンのような臭いがします。
「ねぇ、なんだかタクアン臭くない?」と一緒に歩いていた友人に言うと「うん、黄色く着色された甘めのタクアンの臭いに似ているね。
馬の飼料やフンの臭いかな?」と小首を傾げていました。
この時は「馬の何かの臭い」として納得していたのですが、翌朝、自宅の雨戸をあけた途端に昨日と同じタクアンの臭いがします。
「馬の何かの臭い」でない事は確かです。
買い物に行く途中でも、どこからかタクアンの臭いが漂ってきます。
「最近になって急に色々な花が咲きだしたので、何かの花の香りでは?」と、周りをキョロキョロ見渡しても、それらしき花はありません。
黄色いレンギョウや水仙の匂いを嗅いでも、やはりタクアンの香りはしません。
どうしても気になり、インターネットで調べたら分かりました!ヒサカキの花の香りでした。
写真で見ると、ヒサカキの花は枝にみっちりと小さな花をつけています。
タクアンのような黄色い花ではなく、白くて大変地味な花です。
こんなに目立たない花ならば、キョロキョロ見回しても分からないはずです。
「姿は地味でも匂いでは存在感のある花はヒサカキ」と覚えておくことにしました。

乗ってみたいR2

2014/04/04

最近スバルの軽自動車R2が気になって仕方がありません。
街でR2を見かけると思わず目で追ってしまいます。
あのデザインに惚れます。
ヨーロッパ車、なかでもイタリア車あたりを感じさせるデザイン。
ワゴン系全盛の中、広さにこだわらずデザインにこだわった潔さがたまりません。
中古車店で中を見たことがありますが、想像通り中は狭いです。
とりわけ後部座席は狭く、実質2人乗りカーな感じを受けました。
乗るならやはり一番スポーツタイプなtypeS。
スーパーチャージャー搭載でスバルの代名詞4輪独立懸架と相まっていい走りするんだろうなと想像がつきます。
デザインから女性ユーザーが多いのかもしれませんが、スバリストといわれる、こだわり男子にもぜひ乗ってもらいたい車です。
ここ最近で軽自動車で、いいな、ほしいなと思わせる数少ない車です。
残念なことにスバルは軽自動車から撤退してしまいました。
いまはOEM販売となって寂しい限り。
スバルの冠は背負っているけど、中身はダイハツなんですよね。
背が高くて大きいワゴン系ばかりの市場でR2のような個性的な軽自動車がもっと売れてほしいなと思ってしまいます。